ブログ記事

Googleのデジタルワークショップについて

あなたはGoogleのデジタルワークショップって御存知ですか?

実は、それをやり始めた私は3ヶ月掛かって、やっとのことでおめでとう通知を頂くことができました。

毎日やっていたわけでなく、休日にまとめてやることが多かった3ヶ月でした。

詳しくは書けませんが、デジタルワークショップについて簡単に説明していきますね。

 

デジタルワークショップとは?

GoogleがWEB上で『マーケティングの基礎』の認定証を取得しようと銘打っての、勉強です。

26あるレッスンを、どのようにやって勉強していくのか。

  • 40時間で
  • 初心者向け
  • しかも無料

こんなに書かれてあると、やってみようかと思い、やった次第です。

蓋を開けると、スイスイとできていく。

 

デジタルワークショップの対象者

インターネットに繫げられる人です。

あと、ブログをやっている人にはうってつけの勉強法であり、予習、復習も兼ねて知り得ることもできますよ。

私だって、そう思えたぐらいですから、ご自分の認知率を知るのも強みを知る一つだと思います。

「へえ、ネットに繋がれば誰にでもできるのか。これってスマホでもできるの?」

「もちろん、スマホでもできますよ。」

 

デジタルワークショップをやって思ったこと

知識が増えたことです。

あと、継続しないと意味がないという事も知りました。

ただ、年々難しくなってきており、合格になったのが嬉しかったですね。なにしろ、「私、こんなの知らないよ」的な問題が終了間際の問題に10数点出ていました。

テスト終了後にテキストを見ると何か書き加えられているよ。しかも、ネタバレしたらやばいので書きませんが、察してください。

 

デジタルワークショップの勉強の進め方

毎日でなくてもいいのです。

ただ、「合計40時間かかる」と書かれているのは、時間がありコツコツと頑張る人向けの、おおよその時間数です。

内容を書きます。これだとネタバレにはならないからね。

  1. 26の章があり、合計106の問題
  2. 内容はテキストかビデオを見る
  3. 小テストをやり、章末テストをやる
  4. 最終試験を受験

 

実際に行った勉強法

  • 小テストを受けるとヒントが現われるので、それをノートに書いていく。
  • 章末テストもヒントをノートに書いていく。

そのノートを見ながら勉強していき、最終試験を受けました。

でも、年を跨ぐと質問が違っていて、惜しいところで不合格。

合格ライン=40問中、80%以上

いわゆる32問が合格ラインなのです。

この、たった2問という僅差での不合格が口惜しくて4回も不合格を食らわされたのですよ。

4回も!

それでも、今となっては知識が増えて、頭良くなったかもと思えるほどになりました。

 

難易度は?

誰でも取れるので、難易度は高めです。

☆10のうち9でしょうか。

そんな気がしてならないです。

以前は一つのアカウントで3回までやり直しできていたらしいのですが、今では5回までは受けることができます。はい、5回目で受かりました。

もしかしたら6回目まで受けることができるのかもしれませんね。

 

デジタルワークショップを受けて | まとめ

合格したから終わりではないです。

この認定証は履歴書にも書け効果があります。はい、実際に書いて履歴書を提出しましたら、物の見事に受かりました!

やっても時間の無駄とか無意味ではないですよ。

知らないからやってみようと思ったら、小テストだけでもされてみては如何でしょう?

ブログを運営しているとすぐに分かることが多々ありますが、それでも知らなかったと思えることも多々あります。

あなたも、Let’s Try!