Excelで表を作成してみる

Excel

表を作成するにはExcelが作りやすいと言います。

それでは、どのようにして作るのでしょう。

Excelで表作成

セルをドラッグして表の大きさから作成します。

「格子」をクリックすると、細枠ができます。今度は外枠を太枠にしたいので、もう一度ドラッグすると、今度は「太い外枠」をクリックします。

すると、こうなります。

これだけだと分からないですね。(^▽^;)なので、今度はこの「格子」と「太い外枠」を使って、表を作成してみます。

データから表作成してみる

このようなデータがあったとします。
「格子」と「太い外枠」を使って表を作りました。

この表の作り方は下記の順番です。

項目と合計の境は「下二重罫線」です。
間違えたら、左上の「戻る」の矢印を押せばいいので安心ですよ。

表の削除の仕方

「でも、それでも一気に全部消したい!」という場合は、こちらのやり方で。
赤色で囲んだ場所をクリックして、DELキーを押せば文字が。そして、「枠なし」を押せば表が消えます。
綺麗に消えるので、一気に消したいときはこれが一番です!
表作成で焦って消したいときは、絶対にこれですね!!
(*≧m≦*)ププッ
 
ちなみに、戻るボタンを数回押したら、完全に元通りになりました!
「戻る」矢印ボタンって便利ね( ‘∇^*)^☆♪
[box06 title=”あわせて読みたい”]Excelのデータ入力は時短が勝負!
[/box06]

コメント