ブログ記事

【ブログ記事の書き方】注意する7点編

あなたは「記事にはどんなことを書けばいいの?」と聞かれたら、どう答えますか?

・好きなことを書く
・得意なことを書く
・誰かの役に立ちそうなことを書く

「それなら、情報系でないと読まれないのかな?」と聞かれたら?

・日記系よりは専門性のある方が良い
・情報系が良い

正解はあるのでしょうか?

あなたはブログを書くときって有料ブログと無料ブログ、どちらですか?

この記事では、私がライティングの勉強をしている覚書みたいなことを書いていきます。

あなたも、一緒にスキルを身に付けていきましょう。

それでは、有料ブログでも無料ブログでも通じる【ブログ記事の書き方】注意する7点編です!

 

記事の書き方 注意点とは?

 

冒頭でも書きました。

あなたは「記事にはどんなことを書けばいいの?」と聞かれたら、どう答えますか?

・好きなことを書く
・得意なことを書く
・誰かの役に立ちそうなことを書く

「それなら、情報系でないと読まれないのかな?」と聞かれたら?

・日記系よりは専門性のある方が良い
・情報系が良い

正解はないようで、実はあるのです。

次の質問では。

だけど、日記だと全文は読まれずに最初の方だけ読んで、サッサと離脱されてしまいます。

書き手が仲の良い人であれば全文読んで、一言でも感想を送りますが、そうでない場合は何も残さない。

薄情だと思われますが、えてして人間とはそういう者です。あなたも、そんな経験ありませんか?

それでは、最初に有料ブログと無料ブログの入力画面から見ていきましょう。

 

有料ブログと無料ブログの入力画面の違い

私は両方を使っていますが、大きな相違点があります。

それが、文字入力です。

有料ブログではWordPressを使い、入力画面はブロックで仕切られていますが、行間などや装飾はある程度揃っています。

こんな風に。

そして、はてなブログではこんな風ですね。

両方を見てると分かるように書き方が違います。

それらも含めての説明をしていきます。

 

文章を書くときに注意する7点

ブログ記事だろうか、会社でのビジネス文章だろうと、文章を書くには色々と書き方があります。

それでも、大事な点は共通しています。

それが、以下の点です。

そのためには何が必要なのかという点です。

それでは、取り上げていくのでついてきてくださいね。

 

1.空白行はありますか?

これって大事です。

この記事を見ていれば分かりますが、1行と1行の間に空間ありません。

だけど、読みやすいように意識して空間を入れています。

これが大事なんです。

はてなブログではプレビューで見ないと空白行が入っているのかどうかが分かりません。

文字入力は、下記のようになるけど空白行があるのでしょうか?

 

プレビュー画面で見ると、下記のようになります。

きちんと空白行が入っているのが分かります。

だけどWordPressやnoteではEnterを押すと、次の行にいくので確認しなくても空白行ができるのです。

こんな風に、

飛び飛びになるのです。

これが、デフォルトです。だから空白行を消すようなことはしないでくださいね。

 

2.文字は短くしましょう

1文は短くして、1つのことしか書かないようにしましょう。

よく文中に「~ので、〇〇」と書きたがりますが、そこはグッと我慢して複数の文章にします。

長文になると読みにくいだけでなく、理解しにくくなり、離脱されるもとになりますよ。

例えば、

「あなたが好きなので、付き合ってください」

これを、こんな風にしてみましょう。

「あなたが好きです。私と付き合ってください」

最初にくる文章が印象的で心の中に残ります。告られた相手は余韻に浸り、いつまでもニヤついてしまいますよね。

ブログの記事書きもそうです。

ぜひ、短文にして相手の心に響かせましょう。

 

3.キーワードは分かりやすいですか?

皆が皆、TwitterなどのSNSから来るわけではありません。

GoogleやYahoo!などで検索をかけて来る人だっているのです。

私のブログは検索をかけて来られる方ばかりです。(それもどうかと思う((汗

断捨離ブログ

上記のブログのキーワードは、何なのか分かりますか?

キーワードを組み込んでタイトル付けてます。

記事は検索をかけるのに分かりやすいキーワードなのかどうか。

それも大事です。

日記にしろ、知ってもらいたいことをタイトルに付けますよね。

それと一緒です。

だけど、その言葉は誰でも使うので、なかなか上位に食い込めません。検索をかけて見てもらうためには上位にいかないと見てくれないのです。

せめて検索をかけて2ページ目までには出ていたいですね。

そのために、ブロガーはキーワード決めには頭を悩ませているのです。

 

4.指示語は、どうしてる?

指示語とは「それ」「あれ」「これ」の単語を示します。

対面での話し言葉での指示語でしたら、なんとなくだけど分かりますよね。

だけど、これが文章だけだと分かりにくいので意味が分からなくなってしまい、何度も読み返してしまう。

そう、国語力が試されるのです。

そうなると、離脱されるもとですよ!

そうならないために指示語は、使わないようにしましょう。

「僕はケーキが好きです。それにはイチゴがたっぷり乗ってますよ」ってな感じでね。

 

5.主語、述語は省略しない

話し言葉でしたら省略して話すことはありますが、文章にするなら省略しないほうがいいです。

インターネットでの文章は中学生以上の方が多く目にしますが、今では小学生も検索して目にしているのです。

小学生でもスマホやタブレットを持っている時代ですからね。

普通に話し言葉で書かれていると、小学生なんて理解不能な域に入るので気を付けて欲しい点です。

小学生も読んでいると想定して書いていくと、自然と省略しませんよね。

主語と述語が省略されているかどうかは、書いた後に音読してみて。

声に出して読むということは、自分の耳で聞いてることになり誤字脱字を防げる役目にもなっています。

 

6.同じ語尾は2文以上続けない

話し言葉でしたら敬語や丁寧語は、あまり使いません。

だけど、インターネットを通じての文章ともなると使ってしまいます。

日本人特有のものですが、こればかりは仕方ないです。

語尾には「です」「ます」「ません」などと結ばれますが、この「です」「ます」が3文も繋がると離脱される確率があるのですよ。

例えば、

A「記事を書いているとき、私はパソコンにかぶりつきです。食事もしないぐらいに書いています。でも、夕食は作ます
夫は何も言いませんが、私のお腹はすかないので昼飯だけは別々にしています。」

4文とも「ます」「です」が続いているのが分かりますよね。この文章を、下の文章のように変えてみました。

B「記事を書いているとき、私はパソコンにかぶりつきです。食事もしないぐらいに書いてますが夕食は作ますよ
夫は何も言いませんが、私のお腹はすかないので昼飯だけは別々にしているのです。」

どう思いますか?

2文をくっつけて、語尾には「ますよ」としました。

ビジネス文章では使いませんが記事や日記には使っていい言葉使いですので、ぜひ使ってくださいね。

語尾には「よ」「ね」を使うと柔らかい感じになるので大丈夫よ。

 

7.漢字とひらがなの使い方

漢字を使いすぎると離脱率は高いです。

せっかく書いたのだから、最後まで読んでほしいですよね。

漢字ばかりだと、どう思いますか?

ですよね。

私だって、そう思いますもの。

【 ひらがな:漢字の割合 】

ひらがなを8割も使い、漢字は2割ほどの少なさでいいのです。

これは、読む相手が誰なのかを考えると分かりますね。

相手は中学生だと想定して書いた方が良いと言われていますが、これからは小学生だと想定して書いた方が無難です。

すでに、小学校ではプログラミングの授業を取り入れている学校が多く、その手のスクールなども増えています。

そうなるとスマホ片手に調べて記事を読みながら勉強するのは想像できますよね。

私のブログでも意識してひらがなを多めに取り入れて書いています。

 

ブログ記事のタイトルと内容は合っている?

これは一番大事ですね!

誰でも、最初の数行で離脱するかどうかを見極めます。

その最初の数行で読者の気持ちを掴むことが大事で、本文を読んでもらわないことには書いても読まれずに終わってしまうから。

Q:どんなことを書けばいいの?

私も気を付けていますが、相手(読者)を複数だと思わないことです。

「皆さんは、どう思いますか?」

と書くよりは、

「あなたは、どう思いますか?」

の方が良いです。

複数の方が見てくれているのは訪問数やPV数を見れば分かるのですが、記事を書く上で対象者決めという大事なことがあるからです。

その対象者については、ブログの対象者決めは5W1Hを使おう!という記事で書いているので、ご覧になってくださいね。

 

【ブログ記事の書き方】注意する7点 | まとめ

この記事では、有料ブログ、無料ブログの共通することを書きました。

情報系、日記系、他にもありますが、記事を書く最低限のことだけでも注意して書くようにすると離脱率は下がり、最後まで読んでもらうことができます。

一緒にライティングの勉強をしていきましょうね。